index Home

70歳の古希祝いの贈り物とは

最近は平均寿命がかなり延びている日本ですが、特に女性は87歳ともいわれており、男性であっても80歳以上にもなっているのが現状になります。多くの人が高齢になっても長く元気でいることができるようにもなっているので、趣味などにお金や時間をかけるようにもなっているのです。

長生きできるというのはとても良いことであり、まわりはそれを祝う習慣もあるのです。 長寿のお祝いとしては、定年退職のタイミングになる還暦に始まります。還暦には赤いものを身に着けたりすると縁起が良いといわれており、赤いちゃんちゃんこを贈ったりすることもあります。

再び赤ちゃんに戻るといった意味もあるので家族や親族でお祝いをして今までの感謝とますます元気でいることができるように願います。その次は70歳の古希になります。 古希というのは、紫色のものを身に着けると縁起が良いといわれます。ですから、古希のお祝いには紫色のものを贈ったりすることになります。

洋服やスカーフ、バッグ、財布などのファッション小物を紫で合わせるようにしてもいいでしょう。また、古希の贈り物として人気があるものとしては、名前入りギフトもあります。これは特注品になるのですが、お湯のみやグラスのほかにも日本酒や焼酎などのようなお酒のラベルに名前を入れてもらったり、額入りの絵などでもその人のために作ってもらうような作品にして、額入りで贈るというのも記念になることでしょう。

さらに、その人が生まれた日の新聞を手に入れることができたりするサイトもあったりするので、それも本人はうれしいものです。 このように、古希のお祝いにはいろいろなジャンルのものを選ぶことができるのです。商品で贈るだけでなく、周りの人たちで食事を企画してみたりして、楽しい時間を過ごすこともできるでしょう。食事に関しては、その人の好みを考えて、どういった内容にすればいいのかを決めていくようにするといいものなのです。

因みに77歳は喜寿ですが詳しく知りたい方はこちら